歯医者の取り組みで選ぼう│痛くない治療や予防のための治療

婦人

新しい矯正装置

歯型

歯列矯正を行なう矯正歯科では、インビザラインという最新の矯正装置を導入しています。この装置はマウスピース型をしていて、透明なので装着しても周りに気づかれる心配はありません。今までの装置は歯の表面に装着するので、どうしても目立ってしまい治療に抵抗がある人が多かったです。インビザラインはそのような患者さんに最適な装置ということで、多くの人に注目されています。他にもメリットがたくさんあって、歯にフィットするように製作されているので締め付ける必要はありません。締め付けて歯並びを治していたので、患者さんによっては痛みを感じたり不便に思ったりしていたでしょう。この装置は装着する期間に合わせて作成するため、徐々にキレイな歯並びにできるようにしています。ですから締め付けることもないので、装着しても違和感などはないので安心してください。

インビザラインは1日に22時間以上装着しないといけないという問題があります。食事や歯磨きを行なう時だけ外しても大丈夫なので、虫歯や歯周病予防を行えるでしょう。マウスピースと同じ形をしているため、自分で取り外しも装着もできますから簡単に元に戻せます。ですが、それ以外には常に装着することを忘れないようにしてください。歯医者では常に装置を装着している状態で治療計画を立てているので、装着する時間が短ければ治療期間が長くなります。そのため、常に装着することを心がけることがインビザラインを装着する上で大切なことです。